後輪ブレーキローターとパッド交換

 2017-06-02
前輪のブレーキローターとパッドは2月に交換していましたが、後輪も寿命だったので今回交換しました。
これで、ブレーキは、しばらくは問題ないでしょう。

s-DSC_0351-2.jpg

前輪ベアリングの交換

 2017-05-31
先日、新しいタイヤに交換した時に前輪に若干のガタを感じていた。
原因が特定できず、ベアリングと分かったのは牛深の九州選手権の前日。
大したことは無いかとそのままで選手権に出たが、急坂の下りでブレーキングに違和感があってフルブレーキングがしづらかった。
選手権終了後、RIDE MAGICさんからベアリングを入手して交換しました。
これで、前後ともホイールベアリングが新しくなったので、しばらくは問題ないでしょう。

旧ベアリング (型番6004LLU 外径42x内径20x幅12) 
s-IMG_2841.jpg

交換後
s-IMG_2846.jpg

GASGASのタイヤ交換

 2017-05-11
タイヤを替えても成績は変わらんと言われそうですが、
タイヤは新しい方がグリップがいいに決まっているし交換します。

トライアルタイヤの交換はひさびさです。上手くできるかな?
今回はIRCをチョイス。
そういえば、スクーターもミシュランからIRCに替えたし
GASGASもミシュランからIRCにチェンジです。

交換はタイヤチェンジャーなんてないし、ビードはタイヤレバーで落とし、
タイヤの空気はパンパンと耳が出るまでハンドポンプで。
IRCは割と組み込みは楽でした。
しかし新品のタイヤはヒゲはいいですね。グリップしそうです。


s-DSC_0337.jpg

s-DSC_0338.jpg

KINGくんの後輪交換

 2017-04-17
気が付いたら、普段の足(KYMCOレーシングKING180)の後輪がツルッツル。
交換しかありませんが、今までは2回交換したタイヤ(ミシュラン POWER PURE SC)は、ハードブレーキングで滑ることがあって今回は他のブランドを探しましたが選択に迷いました。
数か月後に予想できる前タイヤ交換も考え、結局、IRC MOBICITYに交換しました。

s-DSC_0334.jpg

左が外した古いタイヤ(ミシュラン) 右がホイールに取付けた新しいタイヤ(IRC)
s-DSC_0333.jpg
同じサイズのタイヤとは思えませんね(^^;

ちょっと近場を乗ってみたら、クイッと倒しこみが早い。面白そう!!


ホイールベアリング交換

 2017-02-28
この前から、リアのホイールベアリングがガタガタと動き、ガタツキが大きくなってきたのでベアリングを交換しました。
ベアリングの穴に丁度入るソケットを差し込み、ハンマーでソケットを叩くと逆側のベアリングが抜けます。
もう片方も同じようにして、ベアリングを抜きます。
思いのほか簡単に抜けます。
後は、新しいベアリングをハンマーで叩き込み完了です。
その時、ベアリングの間にあるパイプ(ディスタンスカラー)をきっちり合わせればOKです。
ベアリングは消耗品ですね、ガタがあったら交換したほうが安心です。


ベアリング抜き取りに使ったソケット
s-DSC_0326.jpg

新旧ベアリング (型番6004LLU 外径42x内径20x幅12)
s-DSC_0327.jpg

チャンバークリーニング

 2017-02-02
アクセルを開けると白煙を上げる2ストRTL250のオーナーから相談があって、チャンバーをクリーニングしました。

グラスウールはオイルでべっとり。
更にエンジンに近い方のグラスウールはカチカチに硬化しグラスウールの効果なし。
(重量は約1300g)
DSC_03022.jpg

グラスウールを取り去り、バーナーでオイル分を焼き切る
DSC_0303.jpg

今回は、スチールウールを詰めました。
(重量は約800g・・・・ということはオイル分は約500gも?)
アルミの溶接をお願いしています。
さあ結果はどうでしょうか?

  ↓

結果は白煙は無くなりトルクアップして良かったそうです!!


フロントブレーキが

 2017-01-25
先日、練習を始めると、フロントブレーキの効きが悪い。
思い切り握っても効かない。
多分、キャリパーのピストンの動きが悪いのでしょう。
フロントブレーキキャリパーを全バラしクリーニングしました。結構、汚れとかカスとかありました。
ピストンにも簡単に取れない汚れが。(写真を撮り忘れました)

きれいにしました
DSC_0295_20170125000902612.jpg

後はピストンとOリングに薄くグリスを塗って組み立てます。
最後はブレーキフルートを入れエア抜きです。
その方法はいくつかありますが私はキャリパー上のバンジョーボルトのエアブリードからビニールチューブをつないだ注射器でブレーキフルートを送り込みます。(またも写真を忘れました)
この時、エアを送り込まないよう注意です。
この方法だと簡単にフルートを入れ同時にエア抜きもできます。
近所では乗れないので、次回のトライアル場で確認します。

≪ 前ページへ ≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫