シグナスXの駆動系整備

 2009-06-13
通勤スクーターのシグナスXくんも25000KMを超えベルトもそろそろ換えないと・・・。
それと、近頃、カックンクラッチで乗りにくいし・・・。 

と、いうことで頼んでいたパーツが入ったので交換しましょう。

まずは、プーリーとスライディングシープを外す。
シープの取外し

駆動系パーツを並べると、結構ありますね。
駆動系パーツ

交換したシール類 (コレでクラッチのつながりがスムーズになるでしょ)
シープとシール

組み上がりです
一応完成

試走したら、クラッチのつながりもスムーズで乗りやすい。
早く整備すれば良かった。 ^^


ふと見ると工具箱があふれそう  (ウヘッ!)
いっぱいの工具箱

整理しなくては・・・
コメント
やってますね。
私も購入した通勤バイクの駆動系を整備したのは3年前かな?
あの時はベルトと小物パーツの交換だけでした。
プーリーの表面がクラッチ板のように鏡面?はちょっとオーバーかな
次回はあれを交換したいな~と思っています。
一度表面を削り直してもいいのかなぁ・・・・・
【2009/06/19 09:25】 | やおめ #- | [edit]
プーリーの鏡面状態は問題なしです。
プーリー(ローラーが入っている方)とドライブフェース(ベルトを挟む対面側)の表面の加工は昔、色々試しました。
変化が大きくて結局、ノーマルが一番でした。
ダメもとでやるなら、旋盤でキレイにテーパー面を削り、削った分だけドライブフェースのプーリーボス(プーリーが動くパイプ)の当たり面を削るとバッチリです。

言葉じゃ難しい・・・
【2009/06/19 10:45】 | 草刈りマン #SFo5/nok | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://kusakariman.blog37.fc2.com/tb.php/323-f60eae65
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫