2017九州選手権第5戦(大分大会)主観的レポート

 2017-06-27
6月25日は大分のコマツ(重機のコマツ)で開催された九州選手権第5戦に出場しました。
今回はセブン毎さん号に積み合わせて行ってきました。
もう一人の仲間の松ちゃんはミニキャブにバイクを積んで宿泊のホテルで合流。
松ちゃんは牛深はGASGAS、今回はRTL300と2台持ちのバイクを楽しんでいるようです。羨ましい。
宿泊したホテルには偶然にも長崎の仲間(井上さん、伊藤さん親子)も同宿でした。
ホテルのお風呂は当然温泉。ヌルヌルすべすべでいい温泉です。
しかも電気風呂まであって痛めている腰をビリビリと刺激しましたが・・・・
成績には効果は無かったようです(涙)。

大会当日、天候は雨。それもかなり強めの雨。
セクションは、本部から見て、
  右奥に1、2、3セク(土の斜面の上り下り)。
  右前方に4セク(土の急斜面)。
  左前方に5、6セク(ロック)。
  正面道路の向こうに7セク(急な上り下り)、と8セク(岩盤の上り下り)。

今回も会場入りが遅くセクションの全体が掴めず、仕方なくセクションナンバーの順に回ってみた。
全般に嫌いなパターンではなかったものの、何せ体が動かない。
減点を重ねるばかりのトライの繰り返しで、これだけ5点を取ったのは初めての経験でした。

泥色のウェアをビニール袋に押し込み、バイクの泥をさっと落とし、さっさと撤収しました。

写真はカメラをとあるところに忘れ、仲間の写真をお借りしました。
〈表彰式〉
 NB
FB_IMG_1498438147166.jpg

 NA
FB_IMG_1498438137885.jpg

 IB
FB_IMG_1498438127902.jpg

 IA
FB_IMG_1498438119444.jpg

 ENJOY
FB_IMG_1498438167374.jpg




この後は出場した皆さんです。
FB_IMG_1498438100939.jpg

FB_IMG_1498438092067.jpg

FB_IMG_1498438084394.jpg

FB_IMG_1498438063965.jpg

FB_IMG_1498438055691.jpg

FB_IMG_1498438046306.jpg

FB_IMG_1498438031523.jpg

FB_IMG_1498438018636.jpg

FB_IMG_1498438199882.jpg

FB_IMG_1498438188000.jpg

FB_IMG_1498438181681.jpg

FB_IMG_1498438072853.jpg

泥カバー

 2017-06-23
雨の日に乗っていたらフロントブレーキキャリパーに泥や小石が挟まってブレーキが効かなくなった事がありました。
AJPキャリパーにはなぜか泥カバーがありません。
(Rev3にはカバーがあったけど)

スッポンポンです
s-DSC_0361.jpg

カバーを作ってみました
s-DSC_0362.jpg

第243回ケニーズ杯(最終連絡)

 2017-06-22
第243回ケニーズ杯を開催します。
日時 : 7月2日(日) 9時頃集合、10時開始予定
場所 : 井樋ノ尾の森トライアル場
クラス: エコノミー(初級・トレール車) ビジネス(中級)
      ファースト(上級) ドリーム
参加費: 一人3000円

備考:今回は招待選手はいません。
   (全日本真っ最中で残念ながら・・・・)

GASGASのクラッチ

 2017-06-17
近頃、クラッチレバーを引いたときクラッチが引きずり乗りにくくなってきていました。
HONDAやBETAのクラッチはコイルばねを使っていますが、GASGASは三角の板バネを使ったダイアフラム式です。
ダイアフラム式の仕組みは机上では理解しているつもりですが、現物をばらすのは初めてです。
今回は 工房きたむら さん を参考にさせて頂きました。

クラッチカバーを外し、クラッチのセンターのネジ(M5位)を外すだけでクラッチユニットが丸ごと外せます。
ハウジングも真っすぐ引き上げるだけで外せます。
BETAと比べると驚くほど整備性がいい。
s-IMG_2858.jpg
そして、HONDAやBETAでは6枚のクラッチプレートが、たった3枚。
その薄さは凄いですね。

クラッチハウジングに打痕があったので(ピンボケですが右側に見えます)、ダイアモンドやすりで打痕を削ります。
またクラッチプレートがスムーズに動くようにハウジングのクラッチプレートと当たる部分のバリも取り除きました。
打痕があったり無かったり、加工精度がもうひとつなんでしょうか?
ところで、クラッチハウジングはHONDAやBETAはアルミ製ですが、GASGASは鉄製で耐久性が高そうです。
s-IMG_2861.jpg

今回はクラッチプレートがスムーズに動くよう処理しました。

今日、乗ってみたら引きずりも改善でき乗りやすくなりました。
ダイアフラム式はいくつかのパーツの摩耗状態や精度で使い易くなったり、整備好きには楽しめるかもしれません。

腰痛

 2017-06-14
先週の土曜日にトライアル場で軽めの練習をしていたら、途中から腰に違和感が・・・。
少しずつ重くなって、そのうちにしゃがめなくなって辛くなってしまいました。
その夜、座る・寝る・起きるが辛くて辛くて、予定していたマジックジャンプへの遠征は中止しました。
今までも腰痛には悩まされ、腰痛対策でインナーマッスルを強くする運動なんかもYouTubeを参考にやって、ここ数年は発生していませんでしたが、久しぶりに辛い腰痛に襲われています。
今日で丸4日ですが、腰全体が痛かったのが、左腰にのみ痛みが残る状態まで回復しました。
あと数日で痛みは消えると思いますが、注意しなくては・・・。

第243回ケニーズ杯

 2017-06-08
第243回ケニーズ杯を開催します。
日時 : 7月2日(日) 9時頃集合、10時開始予定
場所 : 井樋ノ尾の森トライアル場
クラス: エコノミー(初級・トレール車) ビジネス(中級)
      ファースト(上級) ドリーム
参加費: 一人3000円

招待選手は未定です。決まり次第お知らせします。

リヤブレーキが急に効かなくなった

 2017-06-08
リヤブレーキのローターとパッドを交換し気持ちよく乗っていたら、
急にリヤブレーキがスカスカになった。
その場で、エア抜きなどしてみたものの回復できず、自宅ガレージで確認しました。
結果、リヤブレーキマスターシリンダーのピストンの不具合が原因と思われ部品交換しました。
(具体的には、ピストンのゴムリングの摩耗のようでした)

s-IMG_28542.jpg

部品を取り寄せ、新旧を比較したところ、アルミがコーティングされ、ゴムリングの形状も変わって(改良されて)いるようです。
s-IMG_28482.jpg

ブレーキマスターを組み立て、エア抜きをしました。
s-IMG_28572.jpg
【エア抜きの手順】
・マスターのエアブリードにチューブを差し込む。
・キャリパーのエアブリードにフルードを入れた注射器をチューブでつなぐ。
・キャリパーとマスターの両方のエアブリードを緩める。
・マスターのエアブリードからエアが抜けきるまで注射器からフルードを注入。
・マスターのエアブリードを締め、タンクを満タンまでフルードを注入。
・マスターの蓋を閉めキャリパーのエアブリードを締め注射器を外す。
・ブレーキペダルを数回押しマスターのエアブリードを少し緩めエアを抜く
  チューブに泡が見えなくなったらエアブリードを締める。
   (効きが確認できるまで繰り返す)
・ブレーキが効くことを確認し終了。

6月4日

 2017-06-05
今日もいい天気でした。
井樋ノ尾の森トライアル場に練習に行きました。
九州選手権出場組の7、8人は大会の合い間とあって、前回の牛深大会を話題におしゃべりが多い。今日はのんびりと練習といった雰囲気でした。

s-DSC_03642.jpg

来週全日本に出場するユズッキーはお父さんとしっかり練習ですね。
表彰台狙って頑張ってや!!
s-DSC_0358.jpg

s-DSC_0363.jpg



そろそろ井樋ノ尾の森は「虫」のシーズンです。
クマンバチは飛んでくるし、
アフタートライアルで半ズボンに着替えた後は蚊に何か所刺されたことか・・・。
更に左あごの下を刺されて顔が変形(笑)。
殺虫剤に虫刺され防止剤は必須です。

後輪ブレーキローターとパッド交換

 2017-06-02
前輪のブレーキローターとパッドは2月に交換していましたが、後輪も寿命だったので今回交換しました。
これで、ブレーキは、しばらくは問題ないでしょう。

s-DSC_0351-2.jpg

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫