いやはや・・・090524

 2009-05-24
やっと3時半から時間が空いた。
早速、ハンマーヘッドでポタリング。

あんまり時間も無いのでさっさと自転車道路を往復しよう。

江川の始点から快調に・・・
衣笠球場を右手に見ながら・・・
三和町の合同庁舎も過ぎ・・・
九十九折れを抜け・・・
第2休憩所も・・・
かっ飛ばす・・・

んん?
リヤが急にヨレヨレ? おかしい??
ありゃりゃパンクでした。

予備チューブはあるけど・・・
空気入れは今日は持って来てなかった・・・なんてこった・・・
困った・・・

<応急処置>
予備チューブに思いっきり空気を吹き込む(口で)
目まいがするくらい吹き込む
が、少し膨らんだだけでタイヤを組むと当然乗れない
でも押すことは出来そう。

<仕方ない>
もう5時。 山の中から早く抜け出さなきゃ
ハンマーヘッドを押して山を下る。
ビンディングの金具がガチャガチャうるさい。
歩きにくい。
でも歩くしかない!!

スピードメーターを見ると6~7.5KM/H。
下りが幸いした。

行きはこの坂を14~18KM/Hで上っていた。
やはりチャリはスゴイ・・・と思いながらガチャガチャと歩く。

1時間程で三和町の合同庁舎が見えてきた。
結局、約7KM歩いた。

ガソリンスタンドでエアを入れる。

やはり、自転車は押すものじゃなく乗るもんですね。
ガソリンスタンドで飲んだジュースがやけに美味しかった・・・

フジガスがケガ!

 2009-05-18
5月16日土曜日、イギリスで開催された世界選手権第4戦で我らがフジガスがクラッシュ!
なんと、リタイヤ。 詳しくは自然山通信 を見て下さい。

ところが、翌日(世界選手権第5戦)は4位に復活。
自然山通信 を見て下さい。

フジガス頑張れ!!

フジガスリタイヤフジガスリタイヤ2

全日本トライアル第3戦 中止

 2009-05-18
全日本トライアル選手権 第3戦 近畿大会が中止となったそうです。

詳しくは 自然山通信 を参照して下さい。

ヘッドパーツ交換

 2009-05-16
1ヶ月ほど前、ハンマーヘッドのハンドルが段々渋く、固くなった。
そのうち、まっすぐ走ることも出来なくなった。
ヘッドのネジを緩め調整したら、ひどく緩みガタガタ。??
ヘッド周りをバラすと、ヘッドパーツの上側ベアリングのボールがバラバラと落ちた。
多分、リテーナーを上下逆に組み立てたのでは?
更に、スターファンクルナット もバラバラに壊れていた。

<応急処置>
床に落ちたベアリングのボールを集めたが不足している。
並べたらスキマだらけになったので工具箱にあった小さいボールを追加。
これで、組み上げるとガタも無くスムーズに動く。
とりあえず、しばらくはこれでOK!

<パーツ入手と修理>
輸入代理店にメールで問い合わせたが
  ・ パーツリストは無い。 
  ・ 指定の自転車店での修理をするよう返事があった。

オートバイの場合は小さな部品まで部品番号と値段が明記されたパーツリストがある。
自転車ってこんなもん??  
工業製品でパーツリストも無いなんて全く信じられない。
仕方ないので・・・指定の自転車店に行ってみた。
しかし、体よくあしらわれた。 (このお店で買って無い為かな・・・)

まあ、自分で直しましょ!!

ハンマーヘッドのヘッド周りをノギスで測りまくる。
ピッタリのパーツを探す。
結果、タンゲZS-22というヘッドパーツを注文した。
(当然、通販です)

<修理作業>
  新しいヘッドパーツです
新ヘッドパーツ

  上ベアリング 左(古いパーツ)  右(新パーツ)
新旧ヘッドパーツ

  下ベアリング (古いベアリングのガタの状態)
旧ベアリング

  新ヘッドパーツの圧入 (ボルトとワッシャーで圧入)
圧入

パーツの選択はかなり神経を使いましたが
           作業は簡単でした。



<ついでに・・・>
タイヤにはヒビが入っていたので、タイヤも交換。
新ミニベロタイヤ

このパナレーサーは全くミゾがありません。
サメ肌です。
これぞ、スリックタイヤ。
乗り味はかなり柔らか目でグーーー!!

長崎半島2/3周

 2009-05-11
また、いつものおじさん達と4人で長崎半島2/3周。

片渕の長崎大学近くの駐車場からスタート。

しかし、ここで先頭は、あっさり一方通行を逆走。
本人は特に悪気なし・・・・恐ろしい!!

網場から茂木を目指して急坂を上ったり下ったり。
いつもながらダイナミックでいい道です。

しかし、休憩の後のリスタートで事件が起きそうになった・・・。
先頭がリスタートしたそのとたんに急ブレーキ。
後続者はあわててストップ!!
転倒はしなかったものの間一髪・・・・恐ろしい!!

茂木のフェリー待合所で昼食後、千々(チヂ)に向かう。

山々の畑には紙袋が満開です。
バス停近くの選別所で紙袋の中身を分けてもらった。
これで ¥100 (激安!!)
カワハラさんが出してくれて、私はタダ!!
なんとみずみずしくて甘くて美味しい!!
おいしそうなビワ

キレイな海岸線が続きます。
宮摺海岸1
宮摺海岸3

もう少し若かったら、きっと海に飛び込んでいたでしょう。

この後は、為石、鹿尾ダム、水辺の森経由で駐車場へ戻った。
初夏の感じ一杯のいい一日でした。

トレーニング090506

 2009-05-06
連休も今日まで、最終日はトレーニングに励みます。
激坂4連発です。

<その1>
市内で5本の指に入ると言われる「大山の坂」。
距離は2.5KM。 最初から最後まで角度はキツイ。
試しに停車してみたが自転車の再発車が難しい程の角度だった。
そういえば、同級生が大山の教会下から時々チャリ通勤している。
この激坂を・・・
なかなかツワモノだ。

   <右に行けば教会。 左に行けば市民の森>
大山教会は右 市民の森左に

大山から市民の森までダラダラ坂。
この道は角度はさほどキツクない。
しかし、終わりなる程、角度がキツイ。
終わりが分かり易いのでいいかもしれない。

上りきると三叉路
大崎方面はいいダートが続きますが、今日はスリックタイヤなので行きません。^^;
三叉路


<その2>
市民の森縦断道路。
繰り返すアップダウンがキツイ。
市民の森入り口

田上、茂木と下る

<その3>
茂木から飯香浦を経由し網場へ
ダイナミックなアップダウンが売りのこの道。 
しかし、ほとんど自転車を見かけない。 (自転車にはダイナミック過ぎか?)
私は、ここのダイナミックさが気に入っています。
車の通行量が少ないのもいいですね。
皆さんもこの道を走りませんか!!


<その4>
芒塚から本河内へ旧長崎街道を行く
旧長崎街道から芒塚インターを望む

角度はさほど急ではないし九十九折れの道は楽しい。
_____________________________

水辺の森公園を経由して我が家へ戻る。
本日、70KM走行でした。
いいトレーニングになりましたぁ~~~。 (ツ・カ・レ・タ・・・・)

_____________________________

追伸 : 本文とは全く関係ありませんが・・・
 今年は行けなかった全日本トライアル九州大会
 黒山選手の圧勝でした。
 そして、このおじさんも例年通り活躍していたみたいです。

<野崎選手を採点しているやなちゃん
オブザーバーやなちゃん

しあわせ街道?

 2009-05-04
先日、ヒルさんから無謀な提案があった。
諫早→大村→平谷(R444)→鹿島→諫早に行こうって!!

先週、西彼半島90KMに行ったばかりなのにまた90KM越えかあ・・・

まあ、いいか付き合いましょう。
参加予定者は、ヒルさん、御大、初参加のシモさん(ヒルさんのお店のお客さん) と、わたくし。



諫早運動公園に集合。
御大はお腹の不調で欠席。
シモさんは出張から帰ったばかりで、突発が色々あって少し遅刻。

若干送れましたがしゅっぱーつ。
さすが連休です。 国道は混み合ってます。
道幅の狭いR34を注意しながら大村入り。 
シモさんは、立ちコギと手離し運転が好きで、なかなかのツワモノです。
ヒルさんは、混み合った道も随分慣れたようです。
が、時々交通ルールを無視したビックリするような運転をします。
恐ろしい人です。

少し雨がパラパラと降り出す。 (行くか戻るか迷いましたが行きましょう!)
激坂の前に腹ごしらえで、WESTのうどんを食べた。

お腹も一杯となり(私、また食べ過ぎでお腹が重い) R444に向かう。
道が緩やかですが上っています。
しかーし、田舎道はいいもんですね。 
なんだか、しあわせに・・・・と思っていたら
しあわせ街道  ??
しあわせ街道

激坂に備え休憩です。
この後激坂かな

休憩の後、今日の一つ目のお楽しみ、登坂車線の激坂(直線約500M)です。
激坂は、自転車の乗り手にしあわせを与えてくれるのか? それとも・・・・
やっと上りました。
すると萱瀬ダムが水をたたえていました。
とりあえず、私にはしあわせを与えてくれたようです。
天気がいいともっとしあわせになれたのでしょうが・・・
萱瀬ダム

休憩の後は、ダラダラと続く坂を上り平谷黒木トンネル 前まで。
平谷黒木トンネル

トンネルを越えると、さあ今日のメインディッシュのダウンヒル!!
ダウンヒルと言ってもR444を下るだけですが・・・・
かなり長いし、最高速も60KM/Hと十分。
いやー満足でした。

鹿島から諫早までは海岸沿いのR207。
細かいアップダウンがありますが、気持ちいい道です。
ここは、個人別に思いっきり走ります。
わたしのハンマーヘッドは良く走る。
平らな道では、30KM/Hをキープできます。

ヒルさんは随分くたびれているようです。(多分、軽いハンガーノック?)
アイスクリームで多少復活したようです。

無事、諫早到着。
気持ちいい95KMでした。
お二人さん、お疲れ様でした。
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫