REV3のキャブ

 2006-04-29
REV3を乗っていると、キャブレターからかなりのガソリンがオーバーフローします。
車体を少し傾けると、ボタボタと漏ります。
ミクニVM26のキャブレターは、その取付が横から見て水平ではなくて、かなり前傾姿勢で取り付けられています。
車体の姿勢変化に対して、オーバーフロー取り出し穴と油面の間隔が狭すぎると考えられます。
同じことを、黒山御大が、HPでチューニングメニューとして書かれています。

1年半ほど前、考えるだけ考えて写真のオーバーフロー対策をしました。

キャブレターを逆さの状態で、元のオーバーフロー穴から5mm下に、1.5mm径の新しい穴をあけます。
この時には、細心の注意を払いながら、ほかの場所に傷を付けないように、内部のオーバーフロー通路まで穴を開けます。 通路より先に、穴を開けないように注意しましょう。
穴を開け終わったら、切り粉を掃除し、元の穴を穴径にピッタシのシンチュウ釘を短く切ったものでふさげば終わりです。
今まで、4台のREV3のキャブを加工しましたが、オーバーフローはほとんど無く、エンジンの調子も絶好調です。 それと、加工前は1日乗ると4Lほど消費していたガソリンが2L程度ですむようになり、サイフにも優しいキャブ加工になりました。

以上を加工する場合は、責任は負いかねますので、自己責任で加工して下さい
20060429101956.jpg

帆船祭り

 2006-04-27
GWの長崎はにぎやかです。
開催中の「さるく博」に加え、帆船祭り。
今日入港してきた、台風の大破から復活した「海王丸」を会社の窓から撮ってみました。
「海王丸」と前後して「日本丸」やロシアの大型帆船や他にたくさん入港しています。
帆船祭りを見たあとは、井樋ノ尾でトライアル。そしてその夜はビールを飲みながら
キャンプをしましょう。 最高の贅沢ですね。

女神大橋と海王丸
女神大橋と海王丸

海王丸
海王丸

06九州選手権R3大分リザルト

 2006-04-25
IB
ooitaIB

NA
ooitaNA

NB
ooitaNB_P1

ooitaNB_P2

エンジョイ
ooitaEJ

九州選手権R3大分大会

 2006-04-24
九州選手権R3大分大会
IB 左から1位中嶋さん 2位霜野さん 3位村上さん大分IB

NA 左から1位黒田さん 2位堀田さん 3位半田さん
大分NA

NB 左から1位渡辺さん 2位松浦さん 3位シェル夫(桂)さん
大分NB

大会終了後の、ペガサスの若者たちの練習。
20060424093859.jpg


<主観的レポート>
前日、Mさんからお借りしたリアサスが昼前に到着。
早速、取り付ける。全く使っていない新品サスで動きがシブイ。
ダンパーやバネを調整するが、しっかり試走する時間も場所もない。
「こんなもんかー」で終る。
夕方、会長宅で会長と若者浦川君のマシンをMYハイエースに積み込み片道
270KMの小旅行に出発します。
今回は時間が無いので全線高速を使います。途中、湯布院付近までは快調
でしたが、そこから大分名物の霧(濃霧)発生。10メートル先が見えない。
大分インターで降りた時に聞いたら今から交通止め。間一髪セーフだった。
今夜のホテルに行く前に「鳴門うどん」で腹ごしらえ、カツ丼+2玉の田舎うどん。
これで何と¥700。安い!! 食べ過ぎで動けない。
NB2さんにネット予約をお願いした素泊まり¥3,000のビジネスホテルに到着する。
先着のNB2さん、松ちゃん、IB1坂井君と合流。 合計6名で前夜祭開始。

大会当日、霧雨が降る中、会場に到着。 上原さんご夫妻の横に車を止める。
ふたつセクションが見えます。 雨にぬれてすごく難しくみえる。
参加台数はNB38台、NA20台、IB21台、IA3台、EJ4台
合計86台です。
いよいよ、8セクション、3ラップ、持ち時間5時間の九州選手権R3大分大会開始です。
早速、体を温めたいところですが、ぐっとこらえてリアサスの調整。
少し乗っては調整で20分程使ってしまった。
この会場は、むちゃくちゃ広い。
広い敷地にたった8個のセクションがちりばめられ、楽しいツートラ気分です。
しかーし、セクションはかなーり難しい。
一番奥の1セクに行く。 ウヘッ!! 難しい。3点で御の字かな・・・
なかなか入れず、ここで40分も使ってしまった。
(これで既に1時間経過・・・これが後で痛い目に合う原因になるとは)
2セクは上って下って上る結構長いヒルクライム。ムムムいいじゃないですか・・・
NBは右の斜めのラインを上がろうとしていますが、ほぼ全員5点。
NAの急な直線登りを選択。 出口でチョイ足が出て1点。
3セクは難しい。1ラップ目は5点。でも行けそう。
(2ラップ目はNB唯一のクリーンを出す)
4セクはこれまた難しい見た限りNB全員5点。
私は出口あと50CMまで行きましたが、5点。
5セクは唯一のクリーンセクション。(3ラップ目にとんでもない失敗をしました)
6セクはまたまた難しい濡れた岩盤の登り。 (1回だけアウトできました)
7セクはチョイステア、ターンからの斜面登り。 (まあまあでした)
8セクは苦手なロックセクション。 (ダメでした)
1ラップが終って全セクションで渋滞している。残り時間2時間半。
空いているセクションから入ります。 コリャ無理と思う4セクはエスケープ。
しかし、まあまあで2ラップを終える。
この時点で本部に聞いてみると1ラップ目4位。
2ラップ目5位と、思った以上にいいところにいる。
残り時間35分。 とても全部は回れない。 本部から1セクの往復だけでも
10分は掛かる。
ここから、エスケープのしまくり。 4個エスケープ・・・終りました。
結果、時間配分のまずさで惨敗でした。
シェル夫さん初表彰台(3位)ゲット。 おめでとうございます。
続いて、野口君4位、sanderさん5位、有川さん6位、NB2さん7位、草刈りマン8位でした。
一緒に行った、会長はIBクラス9位。見事にポイントゲット。
ただ、フロントフォークのアウターチューブを強打し亀裂からオイル漏れ。
代償は大きかったみたいです。
若者浦川君は15位で前戦の長崎大会から連続ポイントゲット。
松ちゃんはタイムオーバーで残念ながら失格。
IB1坂井君はエンジン不調でリタイア。優勝を狙っていたのに残念です。
上原ご夫婦は九州の洗礼を強烈に浴びたようです。 次回、頑張りましょう。
そんなこんなで、九州選手権R3大分大会は無事終了しました。


リアサスペンションの故障

 2006-04-20
先日、リアサスがノーダンパー状態になってしまった。
車体を下に押すとダンパー効果ゼロ。
ダンパーの調整ダイアルを一杯閉め込んでもダンパーは効かない。

早速、某チューニングショップに送った。
二日後、携帯に電話がはいる。
おかしい単純なガス漏れだったら電話までは無いはず・・・胸騒ぎ・・・
やはり的中!!
アウターガスタンクの筒型ゴムシールが破けているらしい。
パーツの入手も難しいらしい。

新品でリアサスを買うと¥130,000もする。
そんなお金は、持っていない。困った・・・
ダメモトでヤフオクを見る。 ミタ○さんのHPものぞくが、
そんなもんあるわけがない。

とりあえず、今度の日曜日の九州選手権は、某チューニングショップさん
の取り計らいで、全く未使用の新品リアサス(05REV)をお借りすること
が出来て、出場できるようにはなった。
(Mさん、毎度お世話になります。)
しかし、今回の選手権は楽しむだけになってしまいました。

さて、リヤサスは復旧できるでしょうか?
Mさん、修理お願いします。
相談した修理方法で修理できれば、いいのですが・・・

大分宿泊

 2006-04-13
大分の九州選手権は、ホテルに泊まろうかと思っています。
インターネットで調べたら下のホテルが安そうです。
もっと、安いところがあれば教えて下さい。

アネックスホテル クドウ
 一泊¥3,000 (インターネット割り引き)
http://www.hotel-kudo.com/

ビジネスホテル クドウ
 一泊¥3,500 (インターネット割り引き)
http://www.hotel-kudo.com/

ビジネスホテルオーイタ
 一泊¥4,000 (インターネット割り引き)
http://www3.coara.or.jp/~bhoita/

九州選手権第2戦長崎大会

 2006-04-10
06MFJトライアル九州選手権第2戦長崎大会
うらさん


リザルトは下をクリックすると大きくなります。
リザルト


前日
天気予報もまあまあなので、セクションは晴れ仕様です。
朝9時に集合と会長と約束したのですが、急に会社から呼び出し
結局、会場には11時頃到着。
早速、テント設営をしセクション見直しと修正をする。
会長と意見が割れる。
会長はややNBに厳しい・・・私は易しめに・・・でもいいセクションが出来ました。
近場の温泉に入り、さあ、お楽しみの前夜祭です。
会長、私、NB2さん、佐賀ロデオtaitiさん、松ちゃん・・・
エートトットーーー後は記憶が飛びました ガハハハハ(パクリ)

当日
事前申込みは59台。 総エントリーは80台でした。
二名が来られずエントリー数は78台
(NB36台、NA17台、IB17台、IA3台、エンジョイ5台)
セクション設定
No1 池セクションです。ターンから池に入り丸い石を右にターンしてアウト。
   IB・NAにはチョット先まで行く。池はキャブ下まで水が来る深さでした。(^ ^);
No2 枯れ沢とガレ場の組み合わせ。IBは村上選手だけがクリーンを叩き出す。
No3 上り下りとターンとIBには1.2Mのヒューム管をプレゼント。
  (NBは易しすぎたかも)
No4 深く掘れた右上がりの上りターンからガレ場と上りながらの石ステア。
   IB・NAには途中でターンを追加。(全クラスともクリーンが多い)
No5 人口セクション
   U字溝ステア、タイヤ上でのターン。下り上りしながらのフルロックターン。
   NAには1M位の真直角を、IBには真直角の前に下りながら60CMのU字溝を
   やさしく置く。
   NB2さん痛恨の・・・
No6 炭焼き窯跡の上り下りとターン。 ここは晴れか雨の違いで天国と地獄です。
   今回は天国でした。
No7 お馴染みヒルクライム。
   前回大渋滞した反省で今回は短くしました。
   グリップは良さそうでしたが思った以上に上れない人が多かった。
No8 杉林の日陰に滑る土のアップダウンと微妙な石のセクション。
   今回、一番難しいセクションだったようです。
   特に3ラップはかなりスベリやすく難しくなった。
通路 No7.とNo8に行く道は2本ありましたが、今回初めてこの会場に来られた
   選手は難しい道をヘロヘロになって行っていたようです。
   案内図を良く見ると楽な道が書いていたんですがね。
   ライダーズミーティングの時の私の説明も良くなかったみたい。スンマセン
時間 4時間45分でしたが、数人のNBライダーが最後の最後まで奮闘。
   特にNB25さんの駆け込みセーフは立派でした。
   エンストしたバイクを放り出して走れーの周りの声に押されてコケながら
   カードを提出した姿は笑い取れました。(^^)

それぞれのみなさん
IB 中山テッチャン 2連覇おめでとう。
  常連組はやっぱりうまいです。 参考になりました。
  IB90さん、お疲れさまでした。
NA KO息子さん 堂々のブッチギリ優勝。うまくなったねー。
  熊本の宮原さん、あなたが一番楽しんでいました。
  中山オヤジ殿、昔のキネヅカは立派でした。
  NA22山中くん、ポイントまであともう少しガンバレー。
  上原ご夫婦、楽しかったでしょうか、また来て下さいね。
NB 砂原さん優勝をクリーン差で逃されましたね 残念!!
  ポリス高木さんラップ順位が下がる度に鬼の形相でした。もっと気楽に。
  NB2さん約束のノルマ3位を取れず・・・残念!!
  NB1さんシェル夫さん共、実力者なのに充分に発揮出来なかったみたいでした。
  若者浦川くん、おめでとう!! マシントラブルにもメゲズに初ポイントGET
  うらさん定位置でしたね。カベを打破しましょう。

 沢山のエントリー、有難うございました。
 ケガや事故もなく無事終了できたことにホッとしています。
 またの機会にはまた来て下さい。 でわでわ

セクション案内

 2006-04-04
九州選手権のセクション案内です。 参考に見て下さい。
セクション案内(晴れ仕様)

一周2KM位はあると思います。 となりのセクションは見えません。
安全のため、一部通路を一方通行にするつもりです。
都合により変更する場合がありますので、当日は必ず本部の掲示板を見て下さい。

セクションを作りました

 2006-04-03
4月1日、2日で九州選手権のセクションを作りました。
6年前に使った水没池セクション復活!!
確か前回は2台ほど水没した人があったと覚えていますが、今回は??
それに、SSDTセクションも・・・
池


SSDT

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫